私にとって5号機のノーマルと言えばSNKプレイモア。

 

SNKプレイモア…惜しい会社を失ってしまいました。4号機末期にパチスロ業界に参入した、格闘ゲーム業界の雄でKOFシリーズや餓狼伝説などの既存自社ブランドを積極的にパチスロ化したり、神たまやシスタークエストなどパチスロ独自のブランドを生み出すなど意欲あふれる会社だったのは間違いありません。
しかしパチスロ業界そのもののが活気を失っていくのに伴って、ついにSNKはパチスロ業界から撤退してしまいました。SNKの台は決して勝てる台というばかりではありませんでしたが、好きな台は本当に多かったので残念でなりません。特に代表的なのは5号機初期のノーマルタイプですね。神たまやシスタークエスト、スーパーお父さん、スカイラブなどいずれも一定の人気を得た台ばかりで、5号機ならではのノーマル機の楽しさを教えてくれた台でした。スカイラブにハマってしまったあまりに大負けし、憂さ晴らしにラブの画像を携帯で撮りまくったのも、今ではいい思い出です。
これらの台には初代スカイラブの中押し中段白BAR停止や、スーパーお父さん2の中押し上段青7すべり停止など、熱くなれるポイントがいくつもあったものです。それがこうして撤退という状態にまで追い込まれてしまったのは、ATART機偏重の人気になってしまったことと無関係ではないでしょう。SNKも各タイトルをART機化させることで対応していましたが、ノーマル機だった頃ほどには人気を得られていたとは決して言えません。

 

パチスロ業界も新基準機が台頭し始め、自主規制や6号機の可能性などこれからどうなっていくのかは分かりません。しかし、もしまた以前のようにノーマル機主体の時代が来たとしたらその時にこそまたSNKプレイモアの復活を期待したいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket