平和の名機ホースケ君

 

平和の名機ホースケ君について

羽根モノと権利モノが合体したような斬新な機種です。

羽根モノのように役物があり、Vに入ると
ドット図柄が変動し、Vで停止すると大当たりとなります。
大当たり中は権利モノのように右打ちで消化します。
ほぼ15ラウンドですが、1ラウンドが選択される場合があります。
体感ですが、1ラウンドが連チャンすることが
結構あった気がします。

このホースケ君の醍醐味は、
大当たり後の特殊な状態ではないでしょうか。

まず、通常時は一瞬しか開かない羽根が
数秒間開きっぱなしになります。
この数秒間に役物内に玉を入れ、
Vに入賞させることで図柄を変動させ
連チャンを引き起こします。

この数秒間開きっぱなし状態は
10回開放されるまで継続します。

開いた羽根が閉まる条件は2種類あり、
ひとつは時間経過で、もうひとつは玉の入賞個数です。
後者の入賞個数で閉まる条件をうまく利用すれば
1度の羽根開放で2回の図柄変動が可能でした。

開いた瞬間に入った玉がタイミングよく
Vに入賞した場合、打ち出しを止めることで
入賞個数による羽根の閉まりを回避させ
最初の玉のV入賞で図柄変動後、
次の玉でもV入賞し2回目の図柄変動となり、
タイミングさえ合えば小技を駆使して
2回図柄を変動させることができました。

斬新なゲーム性と連チャン性が
凄まじい人気を巻き起こしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket